マンスリーCMSでSEO対策をしよう

自然検索による集客に重要なSEO対策

Webサイトを構築して集客するためにはユーザーの流入経路を確保して積極的にアクセスを促すのが肝心です。SEO対策は検索エンジンでの自然検索によるユーザーのアクセスを増やすのに効果的なマーケティング施策なので、まずはSEO対策の基礎を理解しておきましょう。

#SEO対策とは
SEOはSearch Engine Optimizationの略称で、日本語では検索エンジン最適化と言います。ユーザーが情報を探したいときに検索エンジンでキーワードを入力して検索をすると、候補のサイトがリストで表示されます。この上位に表示されるようにおこなう施策がSEO対策です。検索エンジンではユーザーエクスペリエンスを向上させることを目的として、どのリンク先をどの順位で表示するかを決めるアルゴリズムを組み上げています。その特性を考慮してWebサイトを最適化することにより、自然検索でユーザーに見つけてもらいやすくなります。

#SEO対策の基本はキーワードの選定
SEO対策で基本となるのはユーザーがどんな検索キーワードを使うかを考えてコンテンツを作成することです。例えば、マンスリーマンションを探しているユーザーが使用するキーワードとして「マンスリーマンション」は想定できるでしょう。しかし、「ウィークリーマンション」をキーワードとして探しているユーザーもターゲットになるはずです。また、マンスリーマンションがあるのが東京だけなら「マンスリーマンション東京」「マンスリーマンション新宿区」などといったローカルキーワードを入れるとユーザーのニーズに合うようになります。

検索エンジンではユーザーエクスペリエンスを重視しているため、検索結果に表示されたリンクをユーザーがクリックするかどうかをチェックしています。そして、リンク先でコンテンツをしっかりと読んでアクションを起こしているかどうかも調査しているのが通例です。大阪でマンスリーマンションを探している人が東京限定のマンスリーマンションのサイトにアクセスしてもすぐに離脱してしまうでしょう。このような結果があると検索エンジンからの評価が下がり、上位表示が難しくなる傾向があります。このようにユーザーニーズに合うキーワードを選定してコンテンツを作成し、タイトルやディスクリプションにも盛り込むのがSEO対策の基本です。

#コンテンツの更新頻度の高さもSEO対策の重要なポイント
SEO対策では情報の新しさも重要です。ユーザーは常に最新の情報を求めているという立場で検索エンジンによる評価がおこなわれています。コンテンツが頻繁に更新されていると検索上位になりやすいのが特徴です。Webサイトは構築したら終わりではなく、継続的な更新をするのがSEO対策としては欠かせないのです。

SEO対策ならマンスリーCMS

SEO対策をするときにはWebサイトの運営を効率化することが重要です。検索キーワードを選定してコンテンツを作成したり、既存のコンテンツの修正や更新をしたりすることが必要だからです。CMSを導入してWebサイトの運営をする方法は効果的で、高機能なCMSがあればサイト運営の経験がない人でもスムーズに更新作業を継続することができます。

CMSとはコンテンツ管理システムのことで、ユーザーインターフェースを整備して簡単な操作でWebサイトのコンテンツを管理できる統合環境になっています。特にSEO対策ではマンスリーCMSを推進するのがおすすめです。SEO対策はコンテンツを更新したからといってすぐに検索結果に反映されるわけではなく、数週間後から数ヶ月後になって順位が変わってきます。月一のペースで必ずコンテンツを更新するようにCMSで仕組み作りをするとSEO対策の成功率が高まります。サポートが充実していて使いやすいCMSを導入して運営していくのがSEO対策を賢く進める方法です。

SEO