売上金の遅延や未回収の悩み、そのコストに不満はありませんか?小口取引先からの回収率が悪い、新規取引の審査体制が構築されていないなど、悩みをこのソフトが解決します

新規取引先の調査や未払い金の回収の悩み

小口の取引、数万円程度の裁判のコストと、回収のコスト、口座の差し押さえなど、手続きをすることの大変さはご存じかと思います。結果的に泣き寝入りする事が一番安かった。

中小企業には解決策が見当たらない

1、ファクタリングサービス

コスト面で保証して頂く事で回収は安心ですが、数%のコストがかかるなら、全体のコストとしてはどうなのでしょうか?

仮に5%の場合10万円で5千円の手数料、同じ取引先との売上が12ヶ月間同じの場合は6万円の手数料を支払っていることになります。更に盲点なのがファクタリング会社そのものが倒産するリスクも考えておく必要があります。金融危機などは景気が悪化局面で起こる事が多いので注意は必要かと思います。

2、信用調査会社へ依頼

これは本当に必要なのか疑問です。倒産してから倒産情報を聞いても時既に遅し、調査をすることは否定しませんが、中小企業の小口取引に於いては費用対効果の面で適していない

3、前金制

堅実なやり方です。でもその裏側で他社に取られてしまっている取引先や取引もきっとあるでしょう。企業間取引では中々難しい手法です。

4、保証金制度

これはほとんど聞きませんが、まれに導入している会社がありますが、保証金を受け取る側の経営状態が10年、20年先も安泰とは限りません。よって片側だけにメリットの偏る手法かと思います。

5、クレジット決済のみ

これも前金制とほぼ同等です。企業間取引でもクレジット決済は比較的多くなっておりますが、支払方法がクレジット決済のみですと、新規取引先・別の取引を他社に取られてしまっているケースも多いかと思います。またクレジットカードの中間会社が倒産するリスクも充分注意が必要です。カード決済のみで中間決済会社が倒産した場合は売上金の全てが入金されない事態を想定する必要もございます。

泣き寝入りが一番安い

X社とA社は取引をするうちに、X社は少しずつ支払日が遅れる、やがて2ヶ月程度遅れる、A社が催促して支払が実行されるの繰り返し、しかし、その間にX社は新しい取引先B社を開拓して取引を始めている、そしてX社はA社との取引が打ち切られたら、B社に乗り換えます。当然A社への支払いはしません。未払い金が10万円程度であれば、裁判をして来ない事を知っているからです。それを繰り返すから焼畑農業にちなんで焼畑取引と言います

それを防ぐ為に下記に仕組みを記載しております

請求調査の仕組みはシンプル 未払いなどの報告・速報アラートの仕組み

初めての方は新規アカウントを作成して下さい。料金は無料です。このサービスは企業・個人事業主のみとなります。エンドユーザー・個人の方はご遠慮下さい。

ここからスタート アカウント