ソフトウェア開発について

ソフトウェアとは、コンピューターを作動させるプログラムです。ソフトウェア開発は、簡単に言うと業務効率を向上させるための仕組みを開発することを指します。システムとソフトウェアは意味を混同されがちですが、厳密には違いますので注意しましょう。システムは、毎日の業務や作業をスムーズで無駄のない物にするための仕組みです。そのシステムを実行するために開発されるプログラムがソフトウェアにあたります。世界的に使用されているソフトウェアは多数ありますが、既存のソフトウェアが自社の業務にすべてマッチするとは限りません。

すでにあるソフトウェアに合わせて業務を進めるのではなく、自社の業務に合ったソフトウェアを作り出して効率的な業務を目指すのがソフトウェア開発です。受注管理やECサイト構築などソフトウェアの開発は多岐にわたります。また開発には専門的な知識とスキルが必要です。ソフトウェアの設計などを行うシステムエンジニアやプログラムを作るプログラマーといった人材も必要になります。自社に必要な人材が揃っている場合には問題はありませんが、それ以外の場合にはコストや時間の面からも開発会社に依頼するのがベストです。

開発会社に委託するメリット

ソフトウェア開発を委託する理由の一つは、自社で取り組むよりも確実性が高いからです。開発会社には専門知識とスキルを所有する人材が十分な数所属しています。ソフトウェア開発の実績やノウハウがあり、クライアントのニーズに合わせた開発が可能です。ソフトウェア開発に特化した会社であれば自社開発よりも短期間での開発も期待できます。自社での開発も可能ですが、人材やスキルが不足している場合には人材の獲得や育成から着手しなくてはいけません。新規の人材採用や育成には多くの手間と費用がかかりますし、実際にソフトウェアの開発が軌道に乗るまでにも時間がかかります。

開発会社に委託すれば、ソフトウェア開発の部分を任せられるので自社の業務にだけ注力することができます。また開発のプロとして、自社の要望を踏まえたうえで開発会社がより良い提案をしてくれる可能性があるのもメリットです。開発会社に依頼をすると、まず開発会社とヒアリングを行います。その中で自社が解決したい問題をピックアップし、その問題を解消するためのソフトウェアがどのようなものかを決定するのが一般的です。予算や運用時期なども話し合いのうえで決定していきます。そのため予算やスケジュールの見通しがクリアなのも利点です。

開発会社の選び方

ソフトウェアの開発を委託する場合には、どの開発会社を選ぶかが重要になります。開発会社によって得意なジャンル、不得意なジャンルがありますので自社の求めているジャンルに適した開発会社を選びましょう。開発会社を選ぶ際には、実績と経験も必ずチェックします。実績があれば、それだけソフトウェア開発を手掛けていて経験も豊富だということになるからです。経験が豊かな開発会社は様々なケースをこなしているため、クライアントのニーズに対して迅速かつ的確な対応が期待できます。次に専門的なスキルについても確認をします。スキルが高い開発会社は、より高度で複雑なプログラム開発が可能です。

スキルは可視化しにくい部分のため判断がしにくいのですが、一つの目安として専門的な資格を持った人材がどのくらい在籍しているのかで判断することもできます。資格を取得している人材数が多ければ、開発への信頼感も高いです。クライアントとのコミュニケーション能力にも注目してください。ソフトウェア開発において、開発会社との意思の疎通は非常に大切です。クライアントの意思を的確にくみ取れるコミュニケーション能力を持った開発会社を選ぶのがおすすめです。

ソフトウェア基本知識