中小企業にとって信用力を上げる工夫は欠かせない

中小企業の経営をしていると、信用力の不足が課題になる場合があります。新規の企業と契約を締結したり、商品やサービスの販売、資材の購入などをしようとしたときに取引を始められないトラブルは中小企業ではしばしば起こっています。また、資金調達のために銀行や信用金庫に相談しても、信用力の不足によって審査が通らないことも珍しくありません。金融機関の場合には信用情報を調査することが許されていますので、中小企業側が開示する情報が少なかったとしても融資状況などの情報をある程度は取得可能です。しかし、提供している情報が少ないと今後の展望が良いのかどうかを見極めることができず、融資を見送らざるを得ないというのが現実です。

新しい取引先の場合には表面に見えている部分しか情報がありません。どの企業と契約をしているのか、取引先に対する支払いの遅れはないのか、きちんと取引先から支払いを期日通りに受けているのかといったことがわからないと相手企業にとっては不安です。販売しても支払いの遅延があるのではないか、未払いのまま倒産するのではないかという心配が生じるからです。そのため、一定以上の情報を開示しなければ、安心して取引できる企業だと信用してもらうのは容易ではありません。ただ、取引情報は取引先の了承も得なければならず、つい手間を惜しみがちです。結果としてなかなか契約できずにチャンスを逃し、経営難に陥っている中小企業も少なくありません。

信用力の獲得にはペイドが魅力的

中小企業の経営者が信用力を上げ、新規取引先の獲得や融資審査の通過を実現するにはデジタルトランスフォーメーションに取り組むのが効果的です。信用力の獲得には、信用に関連する取引先情報や支払情報などの共有システムを運用するのが合理的でしょう。ペイドは信用調査に関わる業務を効率化しつつ、請求や支払い、さらには督促状の発行まで一括して行えるシステムです。売掛金回収ソフトとして開発されたペイドは請求書払いの効率を上げ、確実性の高い回収を実現します。

ペイドが優れているのは、信用調査をシステム上で簡単に行えることです。ペイドでは、既存取引先や新規取引先をアップロードしておくことができます。そして、支払いが全てシステム上で管理されていて、未払い金が発生したときには情報が取引先にアラートとして届くようになっています。また、取引先として登録された企業は自社の取引状況を確認することが可能です。信用調査をシステム上で網羅的に行えるため、安心して取引できるかどうかを客観的に判断できます。ペイドの信用調査は安心のシステムで、取引先同士でしか情報は確認できません。取引先としての信用力があるかを審査するのに重要な支払い関連の情報しか共有されない点も優れていて、必要以上の情報を開示してしまうこともなく安心です。

さらに、金融機関や信用調査会社なども登録して検索できるシステムになっています。融資を受けるときに詳細に取引状況を調査してもらえますので、提出した資料だけではわからなかった信用力の高さを理解してくれるでしょう。返済を続けられるくらい持続的な収益が得られていたり、新規取引先の獲得に成功して当面は利益を確保できる様子が見て取れますから、金融機関による信用調査でも有利になれるのがメリットです。信用力の獲得の仕方で悩んだときには、ぜひペイドの導入を検討してみましょう。

ペイドを導入して信用力を手に入れよう

信用力の重要性を十分に認識できていなかったために、苦労している中小企業の経営者は大勢います。新規取引先の獲得や融資の審査通過が難しいと感じたときには、信用力を上げる努力をしましょう。ペイドの導入は支払情報に関する情報共有を通して、確かな信用を獲得するのに適している方法です。信用調査で不利な状況に立たされてきた企業にとって魅力的な課題解決策と言えるでしょう。

中小企業の信用力