DXのためのソフトウェア開発の方法と注意点や開発会社の選び方

ソフトウェア開発を内製する際のメリット・デメリット

自社でソフトウェア開発を行う際には2つの方法があり、それが社内に開発部門を設けて内製する方法と開発会社に外注する方法です。内製する際のメリットとデメリットは次の通りです。

#ソフトウェア開発を内製する場合のメリット
システム開発を内製すると開発の途中で仕様変更などがあった場合、社内に開発部門があることから柔軟で臨機応変な対応ができます。追加の費用もかかりません。運用の段階でのアップデートにも容易に対応できます。契約の必要もなく、見積もりや仕様のすり合わせなどもすべて社内で完結しますので開発の進捗が早くなります。知見やノウハウも蓄積されるためエンジニアのスキルアップができ、ノウハウを利用しての新たなビジネスのチャンスも生まれます。

#ソフトウェア開発を内製する場合のデメリット
ソフトウェア開発を社内で行うには開発部門を設ける必要があります。ソフトウェア開発にはプロジェクトマネージャー、システムエンジニア、プログラマーが必要で、開発費の多くを占めるのが人件費です。人員を新たに採用するにも人材を育成するにもコストがかかるため、短期的なシステム開発の場合はコストがかかり過ぎる可能性があります。新たにエンジニアを採用する場合には市場が人員不足で優秀なエンジニアの獲得が難しく、優秀なエンジニアがいなければ人員の育成もできないという問題もあります。少人数で開発している場合には、1人が退職などでいなくなっただけでも大きな痛手になるでしょう。

ソフトウェア開発を外注する際のメリット・デメリット

ソフトウェア開発を外注する場合のメリットとデメリットには次のようなものがあります。

#ソフトウェア開発を外注する場合のメリット
日進月歩で技術が進歩するソフトウェア開発の現場で、常に新しい知識と技術を磨くのは困難を極めます。適切な外注先を選べば、社内に専門知識を持つ人がいなくても開発が可能です。社員にかかる人件費は固定費ですが、外注すれば費用は必要なときにだけ発生するためコストの削減にもつながります。また、開発部門を新たに設けるよりもコストが安くなる可能性が高いです。

#ソフトウェア開発を外注する場合のデメリット
ソフトウェア開発を外注する会社に十分な実力がないなど、外注する会社の選び方を間違えると目的に合ったソフトウェアが開発できない恐れがあります。また、開発会社に問題がないとしても社内にシステム開発に詳しい人がいない場合、十分な説明ができずにコミュニケーションが取りづらくなり、品質管理ができなくて最悪の結果を招く可能性もあります。将来的にソフトウェア開発の内製を考えるのであれば、知見やノウハウの蓄積ができないことはデメリットと言えます。ノウハウが蓄積されないということは新たなビジネスにつながることもありません。他にも、社内のデータを外部に出すことになるため、情報漏洩の問題が発生します。機密保持契約を結んだとしても十分とは言えず、情報が漏洩するリスクがあることは認識しておくべきです。

ソフトウェア開発を外注する際の注意点と開発会社の選び方

ソフトウェア開発を外注する際には入念なコミュニケーションが必要です。もっとも大切なのはソフトウェア開発の目的を明確にし、的確に開発会社に伝えることです。現在の問題点を伝えて解決策を提案してもらい、自社のソフトウェア開発の目的に適するものを選択します。発注する会社側の要件定義をしっかりと行うことで、要求や要望に沿ったソフトウェア開発ができます。

開発の手法にはウォーターフォール型、アジャイル型、スパイラルモデル、プロトタイピングがありますが、どの手法を使うかは発注者の方から指定します。開発会社に丸投げせず、連絡を取り合いましょう。新しいソフトウェアの運用や保守をサポートしてもらう必要もあります。

ソフトウェア開発会社を選ぶ際には開発会社の実績や自社開発の有無、エンジニアの質などを確認し、複数の会社から見積もりを取りましょう。具体的な探し方としては、実際に開発会社を利用した知人から紹介してもらう、展示会に赴いて開発会社の社員と直接話してみる、専用のマッチングサイトを使うなどの方法があります。

ソフトウェア開発は自社の状況に合わせて行いましょう

ソフトウェア開発には内製と外注があります。長期的に開発を行い、開発に必要な知識や技術を持つ人員の確保やコストに見合った開発ができる場合は、社内に開発部門を設ければ情報漏洩のリスクを下げ、知見やノウハウを蓄積してエンジニアの教育につなげることができます。外注する場合は社内に開発の知識を持つ社員が不要になり、開発部門を設けるよりもコストを抑えられる可能性が高くなります。状況に合わせて選びましょう。

アプリ開発