ホームページを簡単運営!APソフトウェアのCMSの実力を徹底解説

自社ホームページを運営する上では、様々な課題がついて回ります。自社で全て賄おうとすると、専門知識を持つ人材を探したり育てたりする手間がかかる上に、ホームページの更新にも時間や人員の手間をかけなければなりません。これを回避する手段として、コンテンツ管理システム(CMS)があります。今回は、各社が提供するCMSの中でもとりわけおすすめできる、APソフトウェアのCMSについて解説します。

CMS(コンテンツ管理システム)とは

CMSは、「コンテンツ管理システム(Contents Management System)」の略称で、読んで字のごとく、Webサイトに使用するコンテンツをデータベース上に保存した上で一元管理するシステムです。Webサイトを作る上では、CMSを使用する方法と、HTMLやCSSなどといったスクリプト言語を使用してサイトの表示内容を記述する方法が存在しますが、後者は自由度が高い代わりに専門知識が必要であったり、更新に手間がかかるというデメリットがあります。これに対してCMSは、予め用意されたテンプレートデザインの上にデータベース上に保存されたテキストや画像などのコンテンツデータを配置するだけでホームページを作ることが可能です。よって、専門知識が無くとも簡単にホームページを作成することができる上に、更新作業もデータベース上に保存してあるコンテンツデータを差し替えるだけという簡単な作業で済ませられるというメリットがあります。

APソフトウェアのCMSの機能面における特徴

CMSは様々な企業が提供しているため、CMS選びは重要です。その中で今回紹介するのは、APソフトウェアが提供するCMSサービスです。APソフトウェアは、アフターコールナビ株式会社のソフトウェア販売事業のブランド名で、CMSの他に電話受付応対ソフトやWebフォーム作成ソフトなど、マーケティングやセールスに活用できるソフトを中心に販売しています。

APソフトウェアのCMSの特徴としてまず挙げられるのは、全ての機能をワンパッケージで利用できる点です。他社のCMSは料金プランが細かく決められていて、プランごとに使用できる機能が制限されていることがあります。特定の機能だけを使いたい場合は費用を安く抑えられるというメリットがありますが、同時に融通が効かず、かゆいところに手が届かないというデメリットも存在します。APソフトウェアのCMSは全ての機能を最初から使うことが可能なため、ECサイトや集客サイト、販促サイトなど、作るサイトの用途を選ばずにWebサイトの作成や運営が可能です。

他にも、スマートフォンやタブレット上でWebサイトの表示を対応させるレスポンシブデザインにも標準で対応している上に、用意されたテンプレートデザインを自由にカスタマイズすることもできます。Webサイトの専門知識が無くとも、簡単にオリジナリティとアクセシビリティを兼ね備えた魅力的なホームページを作ることが可能。CMSの肝であるコンテンツに使用する各種データの一元管理機能も使いやすく工夫されているため、運用の手間はほとんどかかりません。

APソフトウェアのCMSはサービスも充実している

CMSの特色と言えるでしょう。利用料金は初期費用と月額費用の2つに分けられていますが、この初期費用をどれだけかけるかに応じて様々な作成サポートを受けることが可能です。最も格安なデザインを自分で手掛けるプランでは、ドメインの取得や基本レイアウト、スマートフォン上で表示させるイメージ画面の作成をベンダー側で行ってもらうことができます。これに加えて、ホームページ作成の最初のステップを担当してもらうプランではテキストやブログ画面などの作成を代行してもらうことが可能です。サイトオープンまでの全てをAPソフトウェアに依頼するプランも用意されているため、ホームページ作成の人手が足りない時も安心です。

月額費用は最初の1年がお試し期間として半額に抑えられている他、お試し期間も含めて1ヶ月ごとの契約となるため、無駄なくCMSの利用を行うことができます。この仕組みがあるために、ホームページ運営が軌道に乗って他社乗り換えを視野に入れたくなった場合でも迅速に検討に入れるため、安心して導入できるCMSと言えるでしょう。

かゆいところに手が届くAPソフトウェアのCMS

多彩な種類のWebサイトを、ワンパッケージで制作することができるAPソフトウェアのCMSは、かゆいところに手が届く便利なCMSサービスと言えるでしょう。デモ画面やお試し期間など、導入を気軽に行うことができる仕組みも用意されているため、新規にホームページの立ち上げを検討している企業にとっては心強い味方となってくれます。

CMSでホームページ制作