「信用調査は高い」はもう古い?ペイドの信用調査ソフトを使えば安くて簡単・スピーディ!

企業間取引において入金遅延や未回収などは会社の資金繰りに悪影響を及ぼすため、何としても避けたいところです。これらを未然に防ぐためには相手企業に対して「信用調査」を行う方法が一般的ですが、費用が高くて面倒という理由から実施していない企業も多いのではないでしょうか。そこで今回紹介するのがペイドの信用調査ソフトです。安くて簡単に、しかもスピーディに信用調査を行うことができます。

信用調査の重要性

信用調査とは、新規取引先や既存取引先に対し、金銭に関する信用度合いを調査することです。企業間取引においては商品を納付して一定期間後に代金を回収するケースが多くあります。このような取引において、商品を納付する側の企業は常に入金遅延や踏み倒し、取引先の倒産などのリスクと背中合わせの状態です。そのため、信用調査を行うことで相手企業の財務状況を把握しておく必要があるのです。

もしも信用調査を怠ったことが原因で、相手企業が代金を踏み倒した場合はどうなるのでしょう。「裁判を起こして代金を回収すればいいのではないか」と考えるかもしれませんが、訴訟を行う場合にも費用がかかります。仮に勝訴したとしても、今度は銀行口座の調査にも高額な費用が発生します。このため代金を回収できても結果的には「泣き寝入りをした方が安上がりだった」というケースも少なくないのです。このような事態を避けるためにも、信用調査は必須の業務と言えるでしょう。

一般的な信用調査は高額

このようなリスクがあることから、ほとんどの企業では「信用調査は重要なものである」と理解をしています。しかしその反面、多くの中小企業で信用調査ができていないのが現状です。その大きな理由のひとつとして「信用調査費用が高いこと」が挙げられます。信用調査は第三者である「信用調査会社」に依頼するのが一般的な方法ですが、高額な費用がかかるというデメリットがあります。このため多くの中小企業では、調査の重要性をわかりつつも二の足を踏んでしまうのです。その結果として「無審査で取引を始めてしまう」「最初だけ調査をしてあとは放置状態」などといった危険な取引が横行してしまっているのが実態です。

既存の取引先に対して「信用調査をします」とは言いにくいのも、信用調査が進まない原因のひとつかもしれません。信用調査は新規取引先に対して行うだけでは不十分です。既存の取引先に対しても年に一回など定期的に実施する必要があります。なぜなら相手企業の財務状況は常に変化し続けているからです。安全な取引を行うためには定期的な信用調査を行い、相手企業の財務状況を常に把握しておく必要があるのです。しかし定期的に信用調査を行うとなると、費用や手間の面で大きな不安が発生してしまいます。そこで役に立つのが、ペイドの信用調査ソフトです。

ペイドの信用調査ソフトなら安くて簡単・スピーディ!

ペイドの信用調査ソフトを使えば、新規や既存の取引先情報を入力するだけで相手の信用情報が提供されるので、安上がりで簡単かつスピーディです。調査したい企業のデータを入力するだけで、ソフトが自動でデータベースを巡回。照会した結果はわずか10分程度でメール返信されてくるという簡便さです。相手企業に「調査します」という煩わしい報告をしなくても、24時間365日いつでも好きなときに信用情報を得ることができます。ちなみに一度登録された企業は、その後も自動でモニタリングし続けます。万が一他社との取引で支払い遅延や未入金等の金銭トラブルが発生した場合には、自動でメール通知が届くシステムなので安心です。

安くて簡単なソフトを使って金銭トラブルを未然に防ぎましょう!

入金遅延や未回収は企業の資金繰りに大きな影響を与えます。万が一相手企業が倒産して代金を踏み倒されてしまった場合、多くのケースでは泣き寝入りをするしか方法がないのが実情です。このような事態を未然に防ぐためにも、信用調査はとても重要です。ペイドの信用調査ソフトなら安くて簡単・スピーディに欲しい情報を得ることができるのでおすすめです。

信用力

金融機関にも注目されているペイドサービス、タイムリーな信用調査・売掛金回収の新しいスキームで1円の未回収案件もお任せ下さい