NEWS

ペイドの売掛金回収サービスとは?メリットを詳しく紹介

ペイドとは?

企業にとって売掛金回収は非常に重要な業務で、怠ると経営に悪影響を及ぼします。しかし売掛金回収は手間の掛かる業務であり、取引先の入金延滞などが発生するとさらに厄介です。何とか延滞に関する業務を簡単に済ませたいと考えている方もいるでしょう。そこで活用したいのが、「ペイド」という売掛金回収代行サービスです。ペイドはBtoBに特化した代行サービスであり、会員になれば売掛金回収の遅延に関する全ての業務を任せることができます。具体的には取引先への未払い時の請求書の再発行や、督促状の発行などの業務を代行してくれるのです。

支払督促・売掛金回収

ペイドを利用するメリット

ペイドを利用するメリットは以下のようになっています。

#利用開始手続きが簡単
利用開始する際にはまずWeb上でアカウント登録をしますが、わずか3分ほどで入力が完了するほど簡単です。その後会員画面で取引先の情報を入力する必要があります。CSV形式での一括アップロードを活用すれば、こちらの作業もすぐに終わるでしょう。あとは全ての入金延滞に関する業務をペイドが代行してくれるのです。難しい手続きは一切なく、始めてサービスを利用する方でも安心でしょう。

#全ての作業がWeb上で完結
Web上の管理画面で、請求書の再発行や督促状の発行などの全ての手続きが簡単にできます。請求書の発行や督促状の発行の手続きは、会社名と金額を入力すればあとはペイドにお任せです。発行だけでなく、郵送まで自動で行ってくれます。入金状況の確認もメールでのやり取りです。督促の電話を掛けたり請求書の発行をしたりする業務も一切必要でないため、身体的な負担や精神的な負担が軽減されるメリットもあります。

#請求代金の上限や下限がない
未払い金額が少額でも高額でも、ペイドのサービスが利用可能です。例えば1円の未払い金の請求でも利用できるということになります。大企業から中小企業まで、様々な方が利用しやすいのは大きなメリットでしょう。

システムの価格が安い

#入金延滞に関する業務の時間が短縮される
請求書および督促状の発行や送付など、入金延滞に関する業務は意外といろいろあり、特に取引先が多い企業では時間が掛かります。そんな時、ペイドの代行サービスを利用すれば、大幅な時間短縮になるのです。実際に請求書の送付だけで4時間ほど掛かる場合もありますが、それがわずか15分ほどに短縮される可能性も十分あります。入金延滞に関する業務の手間が省け、その結果確保された時間は本来の業務に充てることが可能です。将来的には業績アップに繋がるとも考えられるでしょう。

#売掛金の回収率がアップする
売掛金を確実に回収できるような的確な対応をしてくれるのも、ペイドを利用するメリットです。取引先からの入金が遅れた場合、まずは遅延している会社名を管理画面で報告しましょう。するとペイドが自動で請求書を再発行し、取引先に送付してくれるのです。それでも入金がなければ、督促状を自動で送付してくれます。

それでも入金が確認できない場合は、未払い情報としてペイドのデータベースに保管されるのです。しかもこの情報は、他の会員にも共有されます。具体的には未払い会社との取引をしている企業や、これから取引を始めようとしている企業に通知が行くようになっているのです。未払い会社にとっては大きなデメリットであるため、督促状を送付してから入金される可能性は高くなります。

#費用が安い
会員費用は企業の規模に関わらず、一律月額税込2200円です。未払い金の入金があった場合は、成功報酬として税込1100円が発生します。しかし成功報酬は請求書の再発行の際に事務手数料という形で未払い会社の負担にすることもできるため、実質無料とも言えるのです。もちろん請求書の再発行や督促状の発行の費用は、入金がない場合無料です。

業務効率の改善