NEWS

ソフトウェア開発はリース契約がおすすめな理由

ソフトウェア開発はリース契約がおすすめな理由

費用が嵩みやすいソフト開発

ソフトウェア開発は特定の分野に特化したアレンジができるため、多くの業種で普通に行われています。より細かいアレンジを効率的に行うため、ソフトウェアを自社開発するケースも少なくありませんが、一方でソフト開発は費用が嵩みやすいのも事実です。ソフト開発の環境を整える初期投資が高額になる他、開発したソフトのアップデートを定期的に行うのも費用が嵩む原因です。自社開発なら自分たちで自由に使うことができますが、開発した後の管理も自分で行わなければいけません。そのため、資金力が乏しい中小企業はソフトウェアの自社開発は金銭的に厳しいと言えるでしょう。出費を抑えつつ、ソフトウェアの使用や開発を行う方法としてリース契約があります。

使用するソフトウェアをリース契約するメリット

ソフトウェアのリース契約は一般的に広く知られているとは言い難いのが実状です。ソフトウェアは購入するのが当たり前というイメージが定着しているためですが、ビジネスの現場ではオフィス家具やOA機器と同様にソフトウェア開発もリース契約を行うのは珍しいことではありません。ソフトウェアには著作権があるため、無断使用やコピーはできません。しかし、ソフトウェアのすべてを購入すると出費が膨大な金額になります。ビジネス用ソフトは定期的なアップデートが必要な物も多いため、維持費も嵩んでしまいます。リース契約は金銭の負担を減らす効果的な方法と言えるでしょう。

リース契約は一定期間ごとに区切って使用料を決めるタイプが多いので、契約する側はまとまった資金を用意せずにソフトウェアを使用できます。リース料は経費に計上できるので税金に関してもメリットがあります。また、ソフトウェアの所有者はリース会社なので、ソフトの開発会社とのやり取りをリース契約者が行う必要はありません。何らかのトラブルが生じた場合でも対応はリース会社に任せることができます。リース契約が満了した際はそのまま更新するか、別のソフトを使うかを選ぶこともできます。選択肢が増えるのはリースならではのメリットと言えます。

開発リースのメリットや注意点

ソフトウェアそのものではなく、開発業務をリース契約する方法もあります。リース会社によって多少の違いはありますが、ソフトウェアの開発スタッフを一定期間派遣し、希望するソフトを開発させるのが一般的です。人材派遣と類似していますが、ソフトウェアの開発環境も併せてリースするのが大きな違いです。開発に適した設備を一緒にリース契約する形になるので、ソフトウェア単体をリースするより割高になるのは事実です。しかし、ソフトウェア開発のリース契約は細かい修正案を随時提案できるのが大きなメリットです。開発スタッフと話し合って方向性を決めることができるので、業務に最適なソフトを作ることも不可能ではありません。

一方でソフトウェア開発のリース契約には特有の注意点もあります。もっとも注意する点として費用の高額化が挙げられます。リースは本来、購入するよりも出費を抑えることが主な目的です。しかしソフトウェア開発の場合、細かい習性を何度も行うとそれだけ期間も長くなり、契約料金も嵩んでしまいます。場合によっては購入するよりも高くついてしまうこともあるので、修正案を提示する際には契約期間と照らし合わせることが重要と言えるでしょう。開発スタッフの人件費も契約期間を延長するごとに加算されることを忘れてはいけません。ソフトウェア開発は複雑になるほど大人数になるため、契約期間が延びるほど金銭の負担も大きくなります。

開発リースは理想のソフトを作るのに適した選択ですが、必ずしも希望通りの結果になるとは限りません。開発スタッフのスキル次第で良し悪しが変わるので、リース契約の際は業者の評判や実績を確認したうえで慎重に判断する必要があります。

リース契約