NEWS

中小企業も安全な取引をするためには信用調査が必要

中小企業も安全な取引をするためには信用調査が必要

売掛金を回収するための信用調査

BtoB取引(企業間取引)では、取引の度に決済が行われるのではなく、一定期間ごとに決済を行う掛取引が一般的です。掛取引は事務作業を減らせる等のメリットがありますが、商品・サービスの販売あるいは提供をした企業が支払期日が来たときに売掛金を回収できないリスクもあります。業績を上げるために新規の顧客を増やしても、売掛金の回収ができなければ損失を被るだけです。そこで売掛金の未回収リスクを抑えるためにも、事前に取引先の信用力を調べる事が必要になります。企業の信用力を調べるために、行われるのが信用調査です。調査対象の企業が過去に行った支払いの遅延などを把握することが可能です。信用調査で問題が見つかった企業との取引を断れば、売掛金を踏み倒されることは減るでしょう。

中小企業は信用調査が難しい

商品・サービスの販売あるいは提供をする企業は、売掛金のみ回収リスクを抑えるためにも相手の信用力を調べたほうが良いでしょう。しかし、信用調査で取引先の信用力を調べる意義を理解していても、中小企業の場合にはそれができない事情があります。信用調査を行う部署をつくるための人員や費用を確保することは難しいですし、外注をするにしてもやはり調査費用がかかることが問題です。このため、信用調査をせずに取引をして、代金を踏み倒される中小企業が少なくありません。売掛金の回収をしようと裁判を起こそうにも、そのためにコストがかかりますし確実に資産の差し押さえができるとは限らないので、何もせずに終わる事が多いです。

通常の手段では信用調査が行えない中小企業は、悪質な踏み倒しをする企業にとっては狙いやすい獲物になります。その状況を変えられる方法はないかということで、導入を検討するとよいのがペイド信用調査です。ペイド信用調査は、オンライン上で申し込みから信用情報の入手、そして退会まですべての手続きを行えるサービスです。料金は中小企業でも利用しやすいほどに安い月額料金で、導入しやすくなっています。契約は1ヶ月単位なので好きなタイミングで退会できることも魅力です。さらにペイド信用調査を利用して、安全な取引ができれば経営が安定して自社の信用力も高まります。信用力が高い企業となれば、大手企業との取引もしやすくなりますので成長のチャンスを掴みやすいです。

ペイドの取引先調査の使い方

取引先の信用力を調べるために、ペイド信用調査を使うには最初にアカウントの作成を行います。アカウントは無料で作成できるので、まだ導入を検討している段階で行っても問題はありません。必須事項を入力してアカウントを作成したら、これまで付き合いのある取引先と新規の取引先の情報を登録します。取引先の情報は、手入力だけでなくCSV形式でのアップロードにも対応しています。すでに取引先の情報をCSV形式にしているなら、使いまわしができるので簡単です。取引先の情報をアップロードし終わった後は、ペイド信用調査を選択すればサービスが開始されます。

サービス開始後は、10分ごとにデータベースの巡回が行われます。もし、過去に支払の遅延などの問題が起きているなら、自動でメールが届く仕組みで何も届かなければ安全ということです。もしメールが届いたときには適切な対処をすることで売掛金の未回収を防げます。ペイドの信用調査の優れているところは、データベースの巡回を24時間365日行うので情報が届かずに取引を進めてしまうことは起こりにくいです。また、会員企業で遅延などの被害を受けたときには、その情報が即座に反映されます。更新された情報は、これから該当企業と取引をしようとする会員企業だけでなく、これまで一度でも取引をした経験がある会員企業に通知されます。以前の取引が問題がなかったからと、不用意に取引をする事を防げるでしょう。

信用調査