NEWS

ソフトウェアで実現!中小企業でもすぐできる信用調査

ソフトウェアで実現!中小企業でもすぐできる信用調査

信用調査の必要性と中小企業が信用調査を行いにくい理由

新規取引を開始するにあたり、気になるのが信用調査の必要性です。結論から述べると、すべての企業にとって信用調査は欠かせないといえるでしょう。しかし、すべての企業が信用調査を行っているわけではありません。信用調査が必要な理由と一部の企業が信用調査を行いにくい理由を紹介します。

#信用調査が必要な理由
信用調査が必要な理由として、以下の2点が挙げられます。

ひとつ目の理由は、信用調査を実施しないと信用調査を実施しないと未回収リスクが高まるからです。取引先企業の信用度がわからないため、未回収リスクは高まります。回収不能の売掛債権を抱えないため、信用調査は必要といえるでしょう。

ふたつ目の理由は、信用調査を実施しないと仕入先倒産リスクを回避できないからです。仕入れ先が急に倒産しても回収事故が起こることはありませんが、予定していた商品が納入されない恐れはあります。商品を製造できず、取引先に迷惑をかけてしまうかもしれません。取引前に信用調査を実施しておけば、このようなリスクを軽減できます。

#中小企業が信用調査を行いにくい理由
信用調査が必要とわかっていても、信用調査を行えない企業は少なくありません。信用調査を行いにくい理由として、以下の2点が挙げられます。

ひとつ目の理由は、信用調査にかかるコストです。信用調査会社に依頼するとある程度の費用がかかります。具体的な金額はケースで異なりますが、一般的な相場は1件あたり5万円程度です。小口の取引だと、簡単には信用調査を依頼できません。

ふたつ目の理由は、専門部署がないと自社で信用調査を行えないからです。さまざまな情報を活用すれば信用調査は自社でも行えますが、精度を高めるにはある程度の経験と専門知識が必要です。自社内に専門部署がないと、企業の信用度を正確に評価することは難しいでしょう。多くの企業は専門部署を設置するほどの体力を有していないため、信用調査を行うことは難しいのです。

売掛債権の未回収を防ぐ方法

売掛債権の未回収を防ぐ方法は、信用調査だけではありません。他の方法でも防ぐことができます。代表的な方法は以下の通りです。

#前金制
最も取り組みやすい方法は、代金を受け取ってから商品やサービスを納品する前金制です。徹底すれば、売掛債権未回収のリスクはゼロになります。ただし、取引のたびに代金を支払わなければならないため、取引先企業からすると不便です。取引を敬遠される恐れがあるため、積極的に導入することは難しいでしょう。どうしても導入したい場合は、取引先企業に日々の支払履歴が信用力を高めることを説明して、一定期間だけ前金制にするとよいかもしれません。

#ファクタリングの利用
ファクタリングを活用しても、売掛債権の未回収を防げます。ファクタリングは、売掛債権を回収期限前にファクタリング業者へ売却して現金化する資金調達方法です。便利な資金調達方法ですが、1~30%程度の手数料がかかります。また、利用するサービスによっては、取引先の同意も必要になります。恒常的に利用できるものではありません。

ソフトウェアで課題を解決

信用調査を行いにくい企業は、ソフトウェアを活用するとよいかもしれません。企業情報を入力するだけで、データベースに登録されている遅延情報などを提示してくれるソフトウェアが登場しています。例えば「○○年〇月〇日○○万円の遅延があります」などの通知を行ってくれます。登録した企業はモニタリングされるため、常に最新の情報を把握することが可能です。他社との取引で遅延が発生した場合もわかります。このようなソフトウェアを活用すれば、信用調査を行わなくても売掛債権の未回収リスクを大幅に軽減できます。信用調査の予算を確保することや専門部署を設けることが難しい場合は、信用調査を行えるソフトウェアの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

信用調査