NEWS

売掛金回収が楽になる注目デジタルツールとは

売掛金回収が楽になる注目デジタルツールとは

売掛金のリスクを回避しよう

#売掛金が多い時は「黒字倒産」に注意
売掛金は債権の一種ですから、帳簿上ではプラスの財産として扱われます。このため売掛金が多いと経営は順調に見えますが、油断はできません。まだ入金は完了していないので、回収するまではリスクが付きまとうのです。特に自社が支払いをする段になって、売掛金の回収ができていない場合、現金が不足することがあります。そこで慌てて売掛金の回収を試みるも間に合わずに、事業が破綻すケースが後を絶ちません。いわゆる「黒字倒産」と呼ばれるものです。せっかく軌道に乗ったのに、売掛金のせいで破綻するのはもったいないでしょう。

#回収が遅れた場合は対策が大変
上記のように回収が遅れると危険な状況に陥ります。したがって、債務者側が履行遅滞に陥った場合、早期に手を打つ必要があるのです。まずは催促したり、取引の一時停止に踏み切ったりするのは一般的でしょう。これで解決しないなら、更に手を打つことが必要です。具体的には、売掛金が回収できなかった場合、以下ような対策を行います。
・相手に催告を行った上で、商品を引き上げる
・自身も債務を抱えている場合、相殺する
・法的手続きをとる
・債権ファクタリングを利用する

上記の方法はいずれも、デメリットがあるので気を付けて下さい。状況によっては使えない場合がある他、売掛金の全額までは回収できない可能性もあります。非常時の手段で、できれば使わずに済む方法を検討したいものです。

#スムーズに回収する仕組みを作ることが重要
支払いが遅れると、望ましくない事態が次々と発生します。よって、売掛金回収では後手に回らないよう、先手を取ることが大切です。解決策としては、売掛金回収に特化したデジタルツールの「ペイド」が役立つので、調査してみてはいかがでしょうか。

売掛金回収を効率化するペイドの特徴とは

ペイドは、売掛金の回収が遅れそうな場合に役立つデジタルツールです。IT技術を駆使して請求や督促を行えるため、売掛金に関する業務を効率化できます。2008年に誕生して以来、実績を重ねてきました。試験運用を経て効果が確認されているため、信頼性は高いと言えるでしょう。特に、以下のようなケースで導入を検討したいツールです。
・BtoBにおける売掛金回収を効率化したい
・売掛金の回収を忘れてしまったことがある
・債務者が入金を延滞して困っている

まず、ペイドは請求書の作成や相手への督促などをアウトソーシングできるのが特徴です。自社のスタッフが書面を作成しなくて良いので、業務効率は高まるでしょう。売掛金回収のために、本来の重要な業務に支障が出ている時は特におすすめです。また、売掛金の回収し忘れを防げるのも、特筆点でしょう。債権債務の情報はコンピューターが管理・処理するので、確実性が高いのです。人の手による場合、事業内容によっては債権管理が難しく、スタッフが混乱しがちな職場も珍しくありません。現状の体制で問題が生じていたら、デジタルツールを用いた解決方法も考えてみましょう。

最後に、ペイドは入金を延滞している債務者に対し、効果的なアプローチを行えるのが魅力です。これにより、売掛金の回収率が高める見込みがあります。

ペイドを検討すべき理由とは

#WEB完結で使いやすい
ペイドはWEBサイト上で動作するのが特徴です。導入も簡単ですし、使い方も洗練されています。ある程度の基本操作ができれば、問題なく利用できるでしょう。使い方はシンプルで、取引データを入力すれば、後は多くの手続きを自動で行ってくれます。具体的には請求書の再発行や督促状の送付など、色々な業務を任せることが可能です。

#危険な債務者の情報が共有できる
BtoBにおいて、支払い能力がない相手との取引は避けたいものでしょう。相手の経営状況が危機的なのに、気付かずに取引をすると、連鎖倒産のリスクが高まります。その点、ペイドは好ましくない債務者の情報を、利用者同士で共有できるのはメリットです。例えば、ペイドを使っている他の会社に対して、不払いを続けている取引先があれば、その情報を共有できます。予め目を通しておくと、危険な相手との取引を予防可能です。

#成功報酬型なのにリーズナブルな料金
良心的な料金体系になっているのも、ペイドの魅力と言えます。必要な費用は基本的に、月額利用料と、売掛金を回収できた場合の成功報酬だけです。リーズナブルで、費用対効果に優れるサービスを探している方におすすめできます。

リスク回避